ウェルネスダイニングの評判・口コミはどう?メリット・デメリットや申し込み方法を紹介!

食事制限、大変ですよね。

病気の治療、ダイエット、健康増進など目的はさまざま。

糖尿病や腎臓病などによる厳密な制限は特に気を遣います。

カロリーや栄養成分を計算して献立を考える。

細かく分量を量って調理。

時間も手間もかかります。

せっかく作っても、「味がしない、おいしくない」となることがあります。

「あれもこれも食べられない。」とストレスになることも。

「制限食になって食欲が落ちた。」と言う人がいます。

本人やご家族の苦労は絶えません。

その上、忙しい日々のなかで、料理にかけられる時間は多くありません。

毎日の食事にストレスを感じるのは、辛いですよね。

また、食事制限は失敗すると、健康に問題が生じる可能性も。

「きちんとしなければいけないのに、とても大変」なのが難点。

この負担を減らす方法のひとつとして宅配食があります。

ここでは、制限食が豊富なウェルネスダイニングをご紹介。

栄養バランス満点な一般食もあります。

創業後わずか10年で売り上げ100倍のお弁当。

病気の治療だけでなく、ダイエット、健康増進、家事負担の軽減など、多くの人の役立つ情報です。

口コミやメリット・デメリットだけでなく、費用や手続き方法もお伝えします。

 ウェルネスダイニングを利用した人の評判・口コミを紹介‼

利用者の反応もそれぞれ。多かった意見をお伝えします。

 「おいしい。」という声

「塩分制限でも薄味感があまりない。」

「量が物足りないかと心配していたが、満足できた。」

「季節を感じられる料理でうれしかった。」

「メニューが豊富で、楽しみ。」

など味への高評価があります。

 家庭料理を見直す機会になったという声

「家庭での味付けが濃すぎたのだと反省。」

「介護食を作る参考になった。」

「サイトにたくさんメニューが載っていて助かります。」

など自分の作る料理に影響を与えたという声も。

 簡単・便利という声

「調理が簡単、忙しいときにありがたい。」

「毎日利用しなくても、市販の冷凍食品代わりに使っている。」

「メニューを考えなくてよくなった。」

という声もあります。

 「味が合わない」という声

「まずくはないが、予想とは違った。」

「味付けが好みではない。」

「レンジで加熱すると、においが混ざるのが気になる。」

「毎回お弁当なのは飽きる。」

「苦手な食材が入っていると残念。」

試したものの、継続はしないという声もあります。

 コストが負担と言う声

「1食700円を3食となるとつらい。時々食べる分にはいいかな。」

「送料が負担です。」

など値段を問題視する声も。

 ウェルネスダイニングの特徴・メリット7

ウェルネスダイニングの良い点について解説します。

手軽にしっかり食事制限できる

自分で栄養成分を計算して料理するのは一苦労。

調味料などは少量でも全て測る必要があります。

厳密な制限が必要な人は特に大変です。

メニューは管理栄養士監修なので安心。

献立を考える・調理することに時間をかけず、必要な栄養素をとることができます。

無料の電話相談がある

管理栄養士が常駐しているので、心強いです。

特に病気療養中の方は、心配も多いですよね。

宅配食についてだけでなく、家庭料理の相談もできます。

いつでも相談できるのは助かりますね。

おいしいと答えている人が多い

食事は味が命。

満足しなければ、体によくても続けられません。

おいしいと感じている人が多いのも魅力です。

メニューは和・洋・中100種類以上。

味付けや彩りにもこだわりがあり、食事が楽しくなるような工夫もされています。

季節感も重視しているのも特徴。

調理が簡単

全て電子レンジで解凍。

調理の手間や時間をかなり節約することができます。

火を使わないので、子どもや高齢者も安心。

自分のペースで食べられる

冷凍で3か月以上保存可能。

食べる時間や回数を選ぶことができます。

自炊との併用もしやすくなりますね。

会社にお弁当として持っていくという人も。

シーンを選ばないのも利点です。

料理キットがある

すでにカットされている食材と調味料がセットになっています。

鍋やフライパンで調理するだけで、出来立てを食べることができます。

お皿に盛りつけると、宅配食には見えません。

より家庭料理に近い雰囲気を楽しむことができます。

いつでも解約できる

商品到着予定の1週間前までならいつでも解約が可能。

急な外出や入院なども安心です。

強引な勧誘もないので気軽に契約することができます。

ウェルネスダイニングのデメリット・注意点6

ウェルネスダイニングのよくない点について解説します。

主食は自分で用意

おかずのみの宅配なので、主食は自分で用意する必要が。

主食のカロリーを足さなければ、正確な摂取カロリーを計算できないのが難点。

ついつい主食を食べ過ぎてしまった…とならないよう注意が必要です。

別料金ですが、同時に主食を注文することができます。

自炊より食費がかかる

1食700円前後。

自炊するよりは高額になります。

3食利用すると1人分の食費は1か月20000円以上。

利用回数が増えると家計を圧迫する可能性が。

「同じものを外食すれば、さらに高額になる。」

という意見もあるので、値段に関しては価値観が分かれそうです。

送料がかかる

定期コースは378円、その都度お届けは756円かかります。

自分に合うかどうかは食べてみないと分からない

口コミでも賛否両論あるように、味覚は人それぞれ。

好き嫌いもありますよね。

お試し用に14食入りで通常価格より割安・送料無料のセットがあります。

飽きてしまうことがある

「はじめはおいしいと感じていても、続けるうちに飽きしてしまった…」という声も。

続けるとマンネリ化してしまう可能性があります。

保存スペースが必要

21食注文して、冷凍庫に入らなかった!」という声も。

あらかじめ保存スペースを確保しておく必要があります。

ウェルネスダイニングが向いている人の特徴

どのような人が利用しやすいか、4つご紹介します。

糖尿病・腎臓病などで厳密な食事制限が必要な人

メニューは管理栄養士監修。

カロリー・糖質・塩分・タンパク・カリウムなどの量が分かるので安心です。

分からないことは、管理栄養士に電話による無料相談が可能。

ウェルネスレシピでは腎臓病に特化したメニューが掲載されています。

噛む力が低下した高齢者など介護が必要な人

やわらか宅配食のレベルは3つ。

硬いものは苦手という方から介護が必要な方まで利用できます。

制限食と介護食を同時に注文でき、複数の家族で利用する際にも便利です。

ダイエットをしたい人

糖質制限食があるので、手軽にカロリーダウン。

メニューも豊富なので、飽きずにダイエットすることができます。

実際にダイエットに成功された人も多いよう。

料理は大変!でも良質な食事をしたいという人

自分で作るとメニューが偏りがち。

スーパーなどのお惣菜もカロリーや塩分が気になります。

健康的な食事を手軽にとることがでるのが利点。

単身赴任のパパ、授乳中のママなど食事制限が目的でない人も利用しやすいです。

ウェルネスダイニングの申し込み・利用方法を解説‼

(公式HPよりhttps://www.wellness-dining.co.jp/

具体的な申し込みや利用方法をお伝えします。

電話やメール、HPで申し込みが可能。

フリーダイヤルでは管理栄養士と直接相談することができます。

ウェルネスダイニングの利用料金(それぞれ税込み)

健康応援気配り宅配食

  • 7食セット4644円(1食約664円)
  • 14食セット9180円(1食約666円)
  • 21食セット13608円(1食約648円)

カロリー制限気配り宅配食、塩分制限気配り宅配食、糖質制限気配り宅配食

  • 7食セット4860円(1食約694円)
  • 14食セット9504円(1食約679円)
  • 21食セット14040円(1食約669円)

厳選栄養バランス気配り宅配食、ちょっとやわらかめ宅配食

  • 7食セット4968円(1食約710円)
  • 14食セット9828円(1食702円)
  • 21食セット14580円(1食約694円)

タンパク&塩分調整気配り宅配弁当、カロリー&糖質制限料理キット、塩分制限料理キット、栄養バランス料理キット

  • 7食セット5184(1食約741円)
  • 14食セット10260円(1食約733円)
  • 21食セット15012円(1食約715円)

料理キットは21食セットの販売はありません。

タンパク&塩分調整料理キット

  • 7食セット5292円(1食756円)
  • 14食セット10476円(1食約748円)

かなりやわらか宅配食、ムースやわらか宅配食

  • 7食セット5616円(1食約802円)
  • 14食セット10692円(1食約764円)
  • 21食セット15984円(1食約762円)

送料は、定期コースは378円、その都度お届けは756円。

支払いは、郵便局・コンビニ支払い・クレジットカード・代金引換が可能。

代金引換は手数料が330円かかります。

ウェルネスダイニングの申し込み手順

具体的な申し込みの手順は以下の通りです。

資料請求

電話やメールで請求することができます。

HPでダウンロードも可能です。

コース・量・お届け日を選ぶ

コース選びに困ったら、電話で相談することができます。

お届け日や時間を指定することができます。

宅配はヤマト運輸クール冷凍便。

注文する

電話やHPで注文することができます。

ウェルネスダイニングの解約・休会の手続き

食品なので、購入者都合の返品はできません。

開封前の商品の破損は返品対象になります。

いつでも解約・休会することができます。

定期コースの場合、商品到着予定日の1週間前までに電話が必要。

電話のみの対応なので注意してください。

まとめ

売り上げ好調のウェルネスダイニング。

厳密な食事制限が必要な人から、保存食として使いたい人まで多くのシーンで役立つ商品を展開いています。

食事は治療の一貫でもあり、人生の楽しみでもあります。

しっかりと栄養をとりつつ、満足もしたいですよね。

食事制限がストレスになると、心や体に悪影響です。

自分が納得できる方法を見つけたいですね。

また、食事は作り手の負担も考えたいもの。

ウェルネスダイニングは食事制限だけでなく、栄養バランスを見直したい、家事負担を減らしたいなど食に問題を抱える人の手助けになります。

食事にお困りの方は検討されてはいかかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です